初めての方へ

【写真付】リゾートバイトの食事の実態を公開!0円で支給されるご飯の美味しさはリゾバ先次第

アオハル
アオハル
リゾートバイトの食事はほぼ0円らしいね
シーサー君
シーサー君
無料はうれしいけど、どんなものが食べれるのか心配だな?

リゾートバイトを初めてする人は、食事やまかないの内容が気になりますよね?まして、無料といわれると、どの程度の食事か不安な人も多いでしょう。

そこで今回は、リゾートバイトの食事の実態を写真付きでご紹介します。

【2020年版】リゾートバイト派遣会社おすすめランキング|口コミ評判を比較&一覧

リゾートバイトの賄いは弁当・社員食堂・バイキング・シェフ手作りの4種類

リゾートバイトのまかないは、大きく4種類に分かれます。

  1. 弁当
  2. 社員食堂
  3. バイキング・ブッフェ
  4. シェフの手作り

それぞれの良い点、悪い点を覚えて、リゾバ先を選ぶ参考にしてください。

Ⅰ.弁当

お弁当のまかないは、従業員100人程度の大規模リゾート施設で多いです。

良い点
  • 寮で食べられる
  • 好きな時間に食べられる
  • 決まった量が食べられる
悪い点
  • クオリティが低い
  • バラエティが少ない

弁当はクオリティ・バラエティともに低いことが多いので要注意です。

長期間リゾバだと、必ず弁当に飽きるので、自炊環境があるといいですよ。

Ⅱ.社員食堂

社員食堂は、従業員100人程度の大規模リゾート施設で多いです。

良い点
  • 好きな食べ物を選べる
  • バラエティが多い
  • おいしい
悪い点
  • 食堂でしか食べられない
  • 一部有料の場合がある
  • 利用時間に制限がある

食堂は寮や、リゾート施設内にあります。

アオハル
アオハル
最大のメリットは、複数のメニューから食べたいものを選べることだよ

一方で、寮に持ち帰りができないので、部屋での食事は、インスタント食品を持っていくといいですね。

Ⅲ.バイキング・ブッフェ

お客様用バイキングの残り物がまかないになるケースです。リゾートホテルや旅館で多くみられます。

良い点
  • 好きな食べ物を選べる
  • おいしい
  • 部屋で食べられる
悪い点
  • バラエティが少ない
  • 量が少ない可能性がある
  • 利用時間に制限がある

バイキング形式では、おいしさが保証されているのが良い点です。

まかないはお客様の食事後になるので、朝食が11:00になることもあります。

食事を取るのが遅くなると、料理が残っていない場合もあります。注意しましょう。

Ⅳ.シェフの手作り

小規模旅館・ホテルでは、お客様の食事のついでに、シェフがまかないを作ってくれます。

良い点
  • 決まった量食べられる
  • おいしい
  • バラエティが多い
悪い点
  • 部屋で食べられない
  • 利用時間に制限がある

シェフが作ってくれるのでおいしい食事をすることができます

アオハル
アオハル
仲良くなれば、食事をリクエストできるのでおすすめだよ

住み込み寮で自炊も可能

住み込み寮にあるキッチンで、自炊をすることも可能です。

賄いがないですが、食費手当がつくことが多いです。食事手当は、1日当たり¥1000円弱で、求人によって幅があります

シーサー君
シーサー君
自炊必須の求人は、全体の10%未満だよ

自炊する場合、寮のキッチン用品を要確認

自炊する場合、寮のキッチン用品を確認しておきましょう。

  • コンロ
  • 電子レンジ
  • 電子ポット
  • 調理器具
  • 食器
  • 調味料
  • 食器用洗剤・スポンジ

必要な道具は共用のケースが多いです。事前に確認して、不要な持ち物を減らすことをおすすめします。

リゾートバイトの食事はまずい?口コミまとめ

アオハル
アオハル
リゾートバイトの食事は、実際のところおいしいのかな

リゾートバイトの食事について、口コミをまとめてご紹介します。

良い口コミ

まず良い口コミについて、ご紹介します。

弁当とバイキング形式のまかないです。弁当は外注ではなく、バイキングの残りを利用していますね。

寮の社員食堂のまかないです。あたりのリゾバ飯は定食屋の料理と変わりません

しっかりと事前確認をしていけば、充実した食事をとることができますよ。

アオハル
アオハル
これが無料で食べれるなんて、信じられないね

悪い口コミ

リゾバ飯には、少なからずハズレがあります。悪い口コミを見ていきましょう。

ほとんど白飯ですね。毎晩、このような弁当だと、1週間で飽きそうです。

シーサー君
シーサー君
毎食、弁当だとだいぶきつそう。。。

朝食がとても簡素な場合もあります。行ってみないとわかりませんが、経験上、バイキング形式にハズレは少ないです

毎食コンビニ弁当は、かなりきついです。GW、年末年始の短期ならまだしも、長期間の場合は、健康面が心配です。

リゾバ生活の質は「まかないのあたり・ハズレ」で、大違いです。求人探しは妥協しないことを強くおすすめします。

リゾートバイトの食事は派遣先で大きく違う

リゾートバイトの食事は、派遣先によって大きく違います。

シーサー君
シーサー君
実際に現場に行ってみなければ、わからない部分も大きいよ

しかし、まかないの形式には少なからず傾向があります

まかないの傾向
  • リゾートホテルはバイキング形式
  • 大規模施設は社員食堂、弁当
  • 小規模施設はシェフが手作り

リゾートホテルはバイキング形式

リゾートホテルでは、バイキング形式のまかないが多いです。

もちろん、バイキングを提供していても、まかないにならない場合もあります。

  • バイキングの残りはぜんぶ廃棄
  • 翌日のバイキングとして提供

事前に担当者に確認しておくといいですね。

大規模施設は社員食堂、弁当

シーサー君
シーサー君
従業員が100名くらいの大規模施設では、社員食堂、弁当が多いよ

社員食堂がある場合は、比較的おいしい食事を楽しめます。

問題は弁当の場合です。

弁当は種類が少なく、味もそこそこでしょう。個人的には弁当は避けることをおすすめします。

アオハル
アオハル
大規模施設では、求人によって、当たりハズレが大きいので注意しようね

おいしい食事がいい人は小規模旅館、ペンションがおすすめ

従業員が30名くらいの、小規模旅館、ペンションでは、シェフ手作りのまかないが多いです

なぜならば、弁当よりも手作りの方がコスパが高い傾向にあるからです。

  • シェフの手作りでおいしい
  • 自分の好みをリクエストできる

小規模のリゾバ先は、連絡をしっかりとれば、融通を利かせてくれるのでおすすめです。

私の場合、余ったワインをもらえたり、好きなメニューをリクエストできました。また閉館の時には、外食をおごってくれることもありましたよ。

リゾートバイトの食事費用は月2万未満!

リゾートバイトの食費は1ヶ月あたり2万円未満です。

3食支給される場合、1ヶ月の食費はほぼ0円!

3食支給される場合、食費はほぼ0円です。

しかし、賄いばかりでは、必ず飽きがきます。そのため、インスタント食品や外食を想定して、食費を準備すべきです。

私の場合、寮飲みや外食を週1でしました。出費は月に8000円くらいでしたよ。

2食だけ支給や自炊する場合でも、食費は月2万円で可能!

食費の自己負担がある場合でも、月2万円もかかりません。2食支給の場合、インスタント食品やお菓子を常備すべきです。

自炊の場合は、食事手当が出るので、月2万円未満に抑えられます。

食事手当 500円 ×30日 = 15000円
食費 1000円 × 30日 = 30000円
自己負担額:15000円

自炊の場合、ある程度、節制する必要があります。しかし食事手当が500円(最低水準)だとしても、2万円未満に抑えることができるでしょう。

水道光熱費を要確認

食費はもちろん、水道光熱費が無料か確認すべきです。水道光熱費は一部自己負担、給料天引きの場合があります。

(記載例)
水道光熱費:上限5000円まで負担。超過分は給料天引き

求人案内に必ず記載があるので、費用を認識しておくといいですね。記載がない場合、担当者に必ず確認すべきです。

水道光熱費が無料の求人を選ぶことをおすすめします。

  • 固定費:寮費、水道光熱費
  • 変動費:食費、日用品

トータルの費用を抑えるために、固定費から減らすべきです。

リゾートバイトの食事に必要な持ち物

リゾートバイトの食生活に必要な持ち物をご紹介します。

アオハル
アオハル
僕の経験をもとに、おすすめアイテムを紹介するよ

インスタント食品を持っていこう

リゾバ生活では、まかないを待たずに食事したい時があります。

  • 残業で夜が遅くなる
  • 厨房のミスでまかないがない
  • 早く寝たいけど、まかないの時間が遅い

インスタント食品があれば、自分の好きなタイミングで食事ができます。

シーサー君
シーサー君
残業や厨房のミスで、まかないがない時が2、3回あったよ

非常事態に備えて、2~3個はストックすることをおすすめします。

電気ポットはマストアイテム

電気ポットは、寮生活に必要なアイテムです。

インスタント食品やコーヒー・お茶など、電気ポットがあるだけで、食生活が充実します。

電気ポットは寮に備え付けの場合が多いです。共用の時もあるので、リゾバ前に確認するといいですね。

私の場合、寮に備え付けがありました。特に男性には必須アイテムなので、事前確認をおすすめします。

自炊に必要な物は事前に確認

自炊に必要な物のリストです。

  • 食器
  • フライパン
  • 菜箸
  • おたま

自炊必須の求人では、だいたいコンロ・電子レンジを使えます。それ以外の物を用意しましょう。

シーサー君
シーサー君
料理はパスタやうどん、レンジでできるご飯がおすすめだよ

その他の持ち物は、別の記事にまとめました。ぜひ参考にしてください。

おいしい食事のリゾートバイト先を見つける3ポイント

おいしい食事のリゾートバイト先を見つけるには、3つのポイントがあります。

ポイントまとめ
  1. 担当者に希望を伝える
  2. 休日にまかないがあるか確認する
  3. キッチン付きか確認する

担当者に希望を伝えよう

担当者に希望を伝えることが最も重要です。

  • 3食無料で支給
  • 光熱費無料
  • キッチン付き

自分の希望を明確にして、具体的な要望を伝えましょう。

休日もご飯が支給されるか要確認

リゾートバイトが初めての人は、ご飯が休日も支給されるか、確認を忘れがちです。

求人案内には、食事内容の記載がない場合もあります。休日のまかないの有無は、リゾートバイトの収入に大きく影響します。

食費1000円 × 休暇8日 = 8000円

1日分タダ働きになると考えると、休日のまかないの重要だとわかりますね。

キッチンがついているか要確認

自炊がしたい人は、寮にキッチンがあるか事前確認しておくといいです。

  • 食事のバリエーションが広がる
  • 好きな時間に食べられる

自炊ができれば、食生活の幅が広がります。まかないには飽きがくるので、キッチンがあると重宝します。

リゾートバイトの食事Q&A

リゾートバイトの食事について、よくあるQ&Aをまとめました。参考にしてくださいね。

飲み物はどうしますか?

飲み物は自己負担で準備します。

2Lのペットボトルや、段ボール単位で購入することをおすすめします。

1日500mlを1本買うと、1か月で4000円はかかります。大容量で安く購入するといいですよ。

食糧はどうやって調達しますか?

食料は現地のスーパーやコンビニで調達します。Amazonや楽天など、宅配サービスを使うと便利です。

  • 定期的に必要な物
  • 重くて運びづらい物(飲み物)

個人的には、Amazonパントリーがおすすめです。食料品を少ない単位から買える、宅配サービスです。

食費が払えるか不安な場合は?

食費が払えるか不安な場合は、給料の前払い制度を使いましょう

派遣会社によって、給料前払い制度は違うので、下調べをおすすめします。

リゾートバイトの食事まとめ

リゾートバイトの食事について、要点をまとめました。

リゾバ飯の要点
  • 小規模の旅館がおすすめ
  • 食費は月2万未満
  • 自炊の場合、持ち物を要確認
  • インスタント食品は必須

リゾバでは、買い出しにはあまりいけません。まかないが主食になるので、しっかり事前確認をすべきです

おいしい食事をして、リゾバ生活を楽しみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA