よくある質問

リゾートバイトにはどんな人がいる?前職や年齢層、男女比、1人参加者の割合を紹介

初めてリゾートバイトをするとき、「どんな人がいるんだろう…」って不安になりますよね。

特に女性30代以上の人、1人でリゾバに参加しようとしている人はそう感じやすいかもしれません。

リゾバは働く前に職場に行ける機会がないことがほとんどなので、職場の雰囲気や人間関係がわからないのも不安のタネですよね。

アオハル
アオハル
自分もリゾバデビューのときは、うまく馴染んでいけるか心配してました。

そこで今回は、リゾートバイトにはどんな人が働いているのかを解説します。

女性・30歳以上・1人で参加する方におすすめの職種も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのリゾバ派遣会社一覧はこちら

リゾートバイトはどんな人が多いのか、年齢層や1人での参加率を公開

リゾバしている人には、いろんな人がいます。そのため、どんな人でも参加しやすいのがリゾバの良いところです。

とはいえ「いろんな」の中身を詳しく知りたいと思うので、3つの分類で説明していきますね。

  1. 男女比
  2. 参加人数
  3. 年齢層

男女比|リゾートバイト参加者の50%は女性

リゾバの男女比は、応募の時点ではほぼ1:1になっています。

リゾバ派遣会社によるデータを見てください。

<リゾバ応募者の男女比>

  • 男女比(学生以外)
    男性:49%、女性:51%
  • 男女比(学生)
    男性:58%、女性:42%

引用:リゾバ.com

リゾバの面接はほとんど落ちることがなく、応募したらそのまま採用になることがほとんどです。

そのため、男女一緒に働くリゾバ先であれば、だいたい男女比が1:1となります。

男女比が半々にならない仕事としては、仲居さんリゾキャバなど、女性限定で採用している職種ですね。

女性で住み込みの仕事をするのはちょっと不安…」という人は、女性限定の仕事をしたり、女性専用の寮があるリゾバ先を選ぶと良いですよ。

着物で仕事したり、沖縄や雪山ライフを満喫したりと、リゾバ生活を満喫している女子はたくさんいます!

https://www.instagram.com/p/CBLaDMtDIwB/?utm_source=ig_web_copy_link

参加人数|リゾートバイトは1人の参加者が50%以上

リゾバには「友達と一緒に参加して思い出を作りたい!」という人が多いイメージが強いと思いますが、実際は1人で参加している人の方が多いです。

派遣会社のデータによると、1人で応募している人が学生を除くと87%にものぼりました。

<リゾバ応募者の人数構成>

  • 学生以外
    1人参加:87%、グループ:13%
  • 学生
    1人参加:41%、グループ:59%

引用:リゾバ.com

学生以外はほぼ9割の人が1人で参加しているので、フリーターや転職の合間に参加しても気後れすることはありません。

また、学生であったとしても5人に2人が「ぼっち参加」です。

リゾバは1人での参加者が多いので、現地でかならず新しい仲間が見つかりますよ。

年齢層|リゾートバイトでは5人に2人が30歳以上

リゾバの年齢層としては、20代がたしかに多いですが、30代以上も4割弱います

<年齢比(学生以外)>
10代:8.8%
20代:54.9%
30代:18.6%
40代:9.8%
50代:5.9%
60代:2.0%

引用:リゾバ.com

年齢層は、職種によっても大きく変わってきます。

10〜20代のリゾバイターが多いリゾバ先はこんな感じです。

  • 海の近く
  • スキー場
  • レジャー施設

10〜20代は学生が多いので、長期休みシーズンである8月や2月になると若いリゾバイターが増える傾向があります。

一方で、30代以上の人が働いているリゾバ先にはこんなところが多いです。

  • フロント
  • 売店
  • 裏方スタッフ

リゾバには様々な仕事があるので、どんな年齢であっても自分に合った仕事を見つけることができますよ。

前職は6種類|リゾートバイトをしている人の特徴と雰囲気

リゾートバイトには様々なバックグラウンドを持った人がいます

いざ話してみると、リゾバを始めたきっかけや、前職に共通点があったりして話が盛り上がることも多かったです。

今までに出会ったリゾバイターの経歴をまとめてみると、だいたい6種類になりました。

  • 会社員
  • フリーター(アルバイト)
  • 自営業者
  • 主婦
  • 大学生
  • 無職・ニート

詳しく説明していきますね。

会社員

リゾートバイトでは、実は元会社員の方を多く見かけます。

何人かの元会社員に出会いましたが、私としては、転職までの時間を使って会社員以外の働き方をするべくリゾバを選んだ人のことが印象に残っています。

その人は、「世の中にいろんな働き方があると知り自分を見つめ直せたので来て良かった」と言っていました。

リゾバは生活費がかからないので、貯金と、自分と向き合う時間を作ることができます。元会社員にとって、次の目的への準備期間とするにはリゾバがピッタリです。

フリーター(アルバイト)

リゾバイターには学生が多いですが、同じくらいフリーターの人も多いです。

生活費の心配がなく、しかも自分が好きな観光地で働けるというのは大きなメリットに感じられるようですよ。

元々アルバイトをしていた人にとって、リゾバは自分の経験値を活かすことができ、さらにスキルアップにつなげることもできる、修行の場だそうです。

自分の可能性を広げていきたいと考えている真面目な人が多く、話していて面白かったです。

自営業者

意外かもしれませんが、自営業の人がたまにいます。

自営業だと自分で働き方を調整できるので、ちょっとした息抜きついでにリゾバをするそうです。しかもリゾバなら自分の時間も確保できるので、空き時間に元々の仕事をこなすことも可能です。

いつもとは違う環境で働くことで、普段の生活に戻ったときに改めて気合が入るそうですよ。

主婦

これまた意外かもしれませんが、主婦の方もちらほら見かけます。

子どもが巣立って時間ができたり、短期間での貯金目的だったりと、理由は様々です。中には家庭の事情で一時的に自宅を離れたいから、という人もいました。

主婦業は家事をしっかりこなしたり気を回したりすることが多いので、主婦としてのスキルがそのまま仕事に活きているように見えました。

日常生活とはかけ離れた場所での暮らしは新鮮で、良い息抜きになるようです。

大学生

リゾバでよく見かけるのは、やっぱり大学生です。

夏休みや春休みを活かして友人とリゾバで思い出作りしてる人もいれば、留学資金や学費を稼ぐために来ている真面目な人もいますし、きっかけは人それぞれですね。

リゾバなら月に20万円前後を稼げるので、日頃忙しい学生にとってはありがたいですね。

無職・ニート

ずっと無職だった人やニート生活の長い人もよく見かけました。

リゾバには寮が完備されているので生活の心配がなく改めて社会生活をスタートさせたい人にとってちょうど良い環境だそうです。

実際、これまで引きこもり生活をしていた人がリゾバ期間を経て、無事に就職できたパターンもあります。

頑張りたい! と思う人がちゃんと頑張れる環境が、リゾバにはあります。

みんながリゾートバイトをする理由は7つ!

リゾバする理由は人それぞれですが、よく聞く理由は全部で7つあります。

  1. 留学に向けて貯金したい
  2. リゾート地で観光を楽しみたい
  3. 異性と出会いたい
  4. 休業・転職前に気分転換したい
  5. 家庭の事情で実家を離れたい
  6. 日本全国をまわりたい
  7. 日本で出稼ぎしたい・留学したい

お互いにリゾバを始めた理由がわかると、一気に打ち解けて仲良くなれます。

あらかじめ理由のパターンを知っておくことで、話を広げることが簡単になりますよ。

それでは理由を解説していきます。

留学に向けて貯金したい

最も多いのが、留学・ワーホリの資金集めのためにリゾバするパターンです。

なぜなら、リゾートバイトでは寮費、食費、水道光熱費などの生活費が基本無料だからです。

リゾバ生活ではほとんど出費がないので、1ヶ月の給料をまるごと貯金できるのは大きなメリットですね。稼ぐ人は月20~30万円貯金できちゃいます。

また、資金集めと並行して留学支援・語学学習を無料で受講できるのもリゾバが選ばれる理由です。

派遣会社によっては、留学・ワーホリに向けて、語学力の支援留学先の紹介をしてくれます。リゾバは留学・ワーホリの準備に最適な環境ですね。

リゾート地で観光を楽しみたい

リゾバに行くなら、やっぱり観光したいですよね!

特に大学生は、社会人と違って月々の収入が少ないので気軽に旅行しづらいので、リゾバで働きながら旅行できるのは本当にありがたいところです。

夏休みなどの長期休暇を使って、友人と一緒にリゾバするのも楽しいですよ。一生忘れられない、大切な思い出になります。

異性と出会いたい

リゾバは働く仲間が多いので、出会いもその分多くなります

普段の暮らしではなかなか異性と出会えなくても、リゾバなら全国から様々なバックグラウンドの人が集まります

「もしかすると、気が合う異性がいるかもしれない」という期待を持って参加している人は少なくないですよ。

休業・転職前に気分転換したい

社会人として働き続けてきたけれど、休職や転職することになったので、気分転換にリゾバする人もちらほらいます。

会社勤めの時とは違った働き方をすることは、間違いなく次の仕事に活きる経験となります。しかも休みの時は思いっきり観光すれば、すっかりリフレッシュできますよ。

家庭の事情で実家を離れたい

やむを得ない事情で実家を離れなければならない時、リゾバはとても便利です。

リゾバなら実家から遠く離れた場所に行けますし、寮や食事は保証されているので暮らしには困りません。自分の時間もたっぷり取れるので、安心して次のステップを考えることができます。

日本全国をまわりたい

リゾバは旅先が仕事になるので、日本一周したいと思っている人には最高の環境です。

旅行だとホテル代がかさみますが、リゾバは宿代と食費をカットできるため、旅行しながら旅費を稼ぐことが可能です。

リゾバの求人は全国各地にあるので、片っ端から周っていくのも楽しそうですね。

日本で出稼ぎしたい・留学したい

リゾバで働いているのは日本人だけではありません!

出稼ぎや、留学で日本にきた外国人にとって、リゾバは母国語を活かして働けるので人気があります。

タイプ別|リゾートバイトで働きやすい職種

リゾバにはいろんな人が集まっていて、それぞれに理由があることもわかりましたが、それでもやっぱりリゾバを不安に感じる人もいると思います。

リゾバするか悩んでしまう人は、自分に合った職種を選ぶと大きな安心感につながります。

ということで、タイプ別に働きやすい職種を紹介します。

タイプ 向いている職種 向いている場所
女性 仲居さん 沖縄・温泉地
30歳以上 フロント・売店・裏方 ホテル・旅館
人見知りしがち 裏方 どこでもOK

ひとつずつ詳しく説明していきますね。

女性が働きやすい職種

女性から人気で、働きやすい職種は仲居さんです。

というのも、仲居さんは女性のイメージが強い職種で、実際に働いている仲間も女性がほとんどだからです。

仲居さんの仕事がある場所は温泉地の旅館が多いです。着物で働けたり、オフの時間には温泉を楽しめるのもうれしいポイントですよ。

また、仲居さんの他に、沖縄でのリゾバも働きやすいです。

沖縄の海を近くに感じながら働けるので、気持ちも穏やかになりやすいからです。リゾバで憧れの沖縄ライフを満喫できるなんて最高ですよね。

ちなみに沖縄にはリゾキャバも多いです。女性限定の職種であり、高時給なので、おしゃべりするのが好きな人には向いているお仕事ですよ。

30歳以上の方が働きやすい職種

30代以上の人なら、年齢を重ねてきたことで身につけた落ち着きを活かせる高級ホテルや旅館での仕事が働きやすく感じられます。

落ち着きがある人はお客さんからも好印象なので、リゾバ先としては欲しい人材ですよ。

30〜40代であれば程よく接客できるフロントや売店がちょうど良いと感じる人が多いです。

また、50歳以上であれば清掃などの裏方スタッフもいいですよ。淡々と作業できるので気持ち的にも楽に働けます。

人見知りしがちな方が働きやすい職種

人見知りしがちでも大丈夫です。リゾバには清掃や裏方スタッフなど、接客しなくて済む職種がありますよ。

裏方スタッフはどこにでもある仕事なので、好きな場所を選べるのもありがたいですね。

また、人見知りする人は同僚とも打ち解けられるか不安かもしれませんが、リゾバは先ほども紹介した通り、1人で参加している人が大半です。

リゾバ仲間は「仕事」という共通点でいくらでも話が盛り上がるので、心配しなくても大丈夫ですよ!

よくあるQ&A|リゾートバイトに行く前に悩むこと

最後に、リゾバするにあたって悩みがちなポイントをQ&Aで紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

女性1人だと危ないですか?

女性ひとりの参加でも危なくありません。参加者の半分が女性で、ひとりで参加してる人も多いです。

それでも心配な方は、リゾバ先を選ぶときにポイントを押さえておくといいですよ。選び方のコツをこちらの記事で紹介しているので、読んでみてください。

<「リゾバ 危ない」にリンク予定>

30代以上でも始められますか?

リゾバは年齢不問なので、30代以上でももちろん大丈夫です!むしろリゾバイターの40%が30代以上なので仲間がたくさんいますよ。

30代以上の場合は職種選びが重要です。同年代の人が多いホテル・旅館のフロント、売店、裏方を選ぶと働きやすいですね。

ぼっちでもいじめられないですか?

ひとりでいることを理由にいじめられたり、パワハラを受けることは基本的にはありません

ただし、もしいじめられてしまって辛い場合は、派遣会社の担当者に相談すれば大丈夫です。途中で帰ることもできるので、ひとりで抱えこまないようにした方がいいですよ。

ニートでもクビにならないですか?

ニートだからといってクビになることはありません

ただ、ニートに限らず、仕事をする態度があまりに不真面目でやる気がないとクビになる可能性はあります。こんな態度には注意しておきましょう。

  • 仕事でも遊び感覚が抜けない(特に大学生)
  • 素行が悪い
  • 無断欠勤や遅刻が多い
  • 仕事中の飲酒  など

リゾート地で浮かれる気持ちもわかりますが、仕事の時はしっかり切り替えて働くことが大切です。

まとめ

今回の記事では、リゾバにどんな人がいるのか、いろんな角度からまとめてみました。

<リゾバにいる人>

  • 男女比 1:1
  • 1人での参加者が50%以上
  • 5人に2人が30歳以上

<リゾバイターの経歴>

  • 会社員
  • フリーター(アルバイト)
  • 自営業者
  • 主婦
  • 大学生
  • 無職・ニート

<リゾバイターがリゾバする理由>

  • 留学に向けて貯金したい
  • リゾート地で観光を楽しみたい
  • 異性と出会いたい
  • 休業・転職前に気分転換したい
  • 家庭の事情で実家を離れたい
  • 日本全国をまわりたい
  • 日本で出稼ぎしたい・留学したい

リゾバにはたくさんの人が全国から集まります。

ドキドキ心配な気持ちもわかりますが、いざ飛び込んでみると意外な共通点があったりして仲良くなれるものですよ。

ぜひ、あなたもリゾバ仲間になりましょう!どこかのリゾバ先で会えるのを楽しみにしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA