よくある質問

住民票はリゾートバイトの期間によって移す・移さないが決まる!実家・一人暮らしのパターン別に手続きを解説

アオハル
アオハル
リゾートバイトって、住み込みだけど住所変更しなくていいんだね
シーサー君
シーサー君
住民票の異動が、必要な場合もあるから注意してね!

リゾートバイトは、住み込みで働くので、住所変更をすべきか不安になりますよね。住民票異動の手続は、余裕をもって準備することが大切です。

そこで今回は「リゾートバイトの住民票」について、現在の住環境別に必要な手続きをまとめました。

必要な手続きをスムーズに済ませて、リゾートバイトを楽しみましょう!

リゾートバイトでは基本的に住民票を移さない

リゾートバイトでは、基本的に住民票を移しません。

なぜならば、リゾートバイト先は就業先であり、多くの場合で生活拠点ではないからです。住民票を異動する場合、しない場合をまとめました。

住民票の異動まとめ

[住民票の異動なし]

  1. 1年未満リゾートバイトをする場合
  2. 1年以上、職場を転々としながらリゾートバイトをする場合

[住民票の異動あり]

  1. 1年以上、同じ職場でリゾートバイトをする場合

詳しく知りたい人は、住所変更をしなくてよい理由を読んでみてください!

リゾートバイトで住所変更しなくてよい理由

リゾートバイトでは、たいてい住所変更をする必要はありません。

住所の認定方式を簡単にまとめました。

  • 住所は「居住期間」と「生活における家族との関わり」の2つで決まる。
  • 1年以上住む予定のとき、基本的に住所と認定される。
  • 家族と離れて住む場合、以前と同じくらい家族との関わりがあれば、基本的に家族の居住地が住所と認定される。

※「居住期間」より「生活における家族との関わり」が優先される。

つまり、リゾートバイトが1年未満の場合や、1年以上でも職場を転々とする場合は、実家が住所として認定されます。なので、住民票を異動する必要はありません。

1年以上、同じ職場でリゾートバイトをする場合のみ、派遣先が住所と認定されます。

シーサー君
シーサー君
異動しないと、法令違反になるから注意しなきゃいけないね!

注意:1年以上、同じ職場でリゾバする人は住民票の異動義務があります。

【実家住みでリゾートバイトする人】住民票は移さない

実家住みでリゾートバイトをする人は、住民票の異動は不要です。

しかし、リゾバ中には実家に戻れないので、2つの注意点があります。

  • 郵便物の処理
  • 扶養控除の確認

郵便物の処理は親と相談しよう

リゾートバイト中は、実家の郵便物が受け取れないので、事前に両親と相談しましょう。

  1. 家族に受取をしてもらう
  2. 派遣先に送ってもらう
  3. 近くのコンビニに送ってもらう

基本的には、家族に受け取ってもらえば大丈夫です。派遣先で受け取りたい場合は、相談してみるとOKになることもありますよ!

アオハル
アオハル
請求書や納付書は、いったん家族に立て替えてもらうといいね。

両親に郵送してもらえば、コンビニ受け取りもできます。元払いのゆうパックや、クロネコヤマト・佐川急便を使うと便利ですよ!

4ヶ月以上働く人は扶養控除に注意

4ヶ月以上働くと、収入が103万円を超え、扶養から外れてしまうことがあります。扶養から外れると、所得税がかかるので要注意です

月収ごとに、総収入が103万円を超えるケースをまとめました。

月収 派遣期間 総収入
10万円 11ヶ月 110万円
15万円 7ヶ月 105万円
20万円 6ヶ月 120万円
25万円 5ヶ月 125万円

月収が25万円の場合、4ヶ月目で103万円を超えている場合もあります。103万円を超えて、所得税を支払うと、手取りの金額が減ってしまいます。

例えば、収入が104万円の場合、5%の52,000円の所得税をひくと、手取金額は100万弱になってしまいます。

自分がいくら稼いでいるのか、確認しながらリゾートバイトをするといいですね!

支給総額が103万円超になると、所得税を支払う必要があります。口座での受取金額ではなく、源泉徴収票の総支給額を確認しましょう!

【一人暮らしで部屋を借りたままリゾートバイトする人】住民票は移さない

一人暮らしで部屋を借りたまま、リゾートバイトをする場合は、住民票の異動は不要です。

しかし、リゾートバイト中は家に帰れないので、注意点が2つあります。

  • 家賃や水道光熱費、税金の支払
  • 郵便物の受取

それぞれの対策をご紹介します。

家賃や税金の支払いを事前に確認しよう

リゾートバイト中は、住まいに戻れないので、家賃や水道光熱費、税金の支払いを事前確認しましょう。

納付書で支払いをしている人は、支払を滞納してしまうかもしれません。対策として、クレジットカード決済にすることをおすすめします。

アオハル
アオハル
学生だと、クレジットカードを持っていないかもしれないね
シーサー君
シーサー君
クレジットカードは、だいたい2週間で作れるよ!

納付書で支払いをしている人は、クレジットカード決済に切り替えましょう!

必要に応じて転送届を出そう

リゾートバイト中は、郵便物の受取ができないので、必要があれば転送届を出しましょう。

  1. 実家に転送届を出す
  2. 友人宅に転送届を出す

転送届先は、実家するといいでしょう。「実家に頼りたくない!」という人は、友人宅でも大丈夫ですが、郵便物の扱いについて、しっかりと決めておくことが大切ですよ。

【賃貸解約・転職してリゾートバイトする人】住民票を実家に移しましょう

賃貸解約・転職してリゾートバイトする場合は、住民票を実家に異動する必要があります。そのほかにも、必要な手続がたくさんあるので、計画的に準備をするといいですね。

アオハル
アオハル
ぼくはこのパターンで、リゾートバイトを始めたよ!

必要な手続きをリストにまとめました。

必要な手続一覧
  • 住所変更(住民票・身分証明書・銀行)
  • 転送届の提出
  • 賃貸物件の解約
  • 家具の処分
  • 健康保険の切替

それぞれのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

住所変更手続

住所変更に伴い、必要な手続きが3つあります。

住民票

まずは、住民票の住所変更手続きです。

アオハル
アオハル
やることは転出届・転入届の提出だけだよ

転出届・転入届のポイントをまとめました。

項目 転出届 転入届
期限 引っ越しの、前後14日以内 引っ越し後、14日以内
提出方法 郵送・窓口 郵送・窓口
必要な物 ・届出書
・本人確認資料
・マイナンバーカード(発行済みの場合)
・国民健康保険被保険者証(同時に変更手続き可能)

各自治体のHPから、書式をダウンロードして郵送するだけです。30分もかからないので、さくっとやってしまいましょう!

身分証明書

身分証明書の住所変更も忘れてはいけません。主な身分証明書のポイントをまとめました。

項目 運転免許証 パスポート 健康保険証(社保) 国民健康保険証
届出先 ・警察署
・運転免許更新センター
自署(二重線で訂正) 市役所
提出方法 窓口 郵送・窓口
必要な物 ・新住所がわかるもの
(住民票、健康保険証・消印付郵便物・公共料金の領収書など)

市町村によっては、郵送できない場合もあります。各自治体のHPで確認して、変更手続きを進めることをおすすめします。

銀行

銀行の住所変更は、新住所を確認できるものが必須です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 公共料金の領収書
  • 住民票

旧住所から新住所への変更がわかるように、書類の準備をすべきです。最近は、ネットで手続きできる銀行もありますよ。

郵便物

郵便物を受け取るために、転送届を出しましょう。窓口でもできますが、ネットを使うと5分でおわりますよ

>>e転居はこちらをクリック

3パターンの家具処分法

賃貸解約にあたり、家具の処分方法を3パターンご紹介します。

売却

まずは、売れる物かどうか確認することをおすすめします。

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • リサイクルショップ
  • 宅配買取
  • 出張買取

オークションサイトやアプリを使えば、手軽に売却できます。時間がない時は、宅配買取をおすすめします

アオハル
アオハル
宅配買取は段ボールに入れて送るだけだよ

特に大型家電・家具は、廃棄費用がかかることが多いです。0円で引き取ってくれるだけでも、メリットがありますよ。

実家や友人に譲る

実家や友人に譲ることも、1つの方法です。

冷蔵庫や洗濯機、テレビなど大きな家電なら、ほしい友人がいるかもしれません。売却する時間がなければ、友人に相談したり、実家に送るといいですね。

廃棄

最終手段は、廃棄することです。

廃棄の際には、粗大ごみとリサイクル家電に注意しましょう。どちらも市町村で処分方法が決まっています。

処分費用がかかるので、最終手段とすることをおすすめします。

シーサー君
シーサー君
リサイクル家電は、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機だよ

賃貸解約は2ヶ月前に通知しよう

賃貸解約は2ヶ月前から準備しましょう。

  1. 解約の通知期限を確認すること
  2. 火災保険の解約
  3. 退去費用の確認

まずは、賃貸借契約書をみて、通知期限を確認しましょう。会社員の方で、法人契約になってる場合は、社内手続に沿って、解約を進めてください。

初めて賃貸解約をする人は、時間に余裕をもつことが大切です。

会社を退職する人は社会保険・労災保険手続を確認しよう

転職先としてリゾートバイトをする人は、社会保険・労災保険の手続きを確認しましょう。

私はグッドマンサービスを使いましたが、担当者に書類を送るだけで、とても簡単でしたよ。個人的におすすめの派遣会社です。

グッドマンサービス

グッドマンサービスは、高時給の求人取り扱いが、多いリゾートバイト派遣会社です。短期間でたくさん稼ぎたい、という人は必ず登録しておくべき派遣会社。
求人数 (800件前後)
時給 (1200円台の求人多数)
対応の良さ
得意エリア 北海道、沖縄、関東周辺

リゾートバイト中に住民票住所に行かないとできない手続き

リゾートバイト中には、住民票の住所に戻ることはできません。そのため、リゾートバイト中にはできない手続きが5つあります。

できない手続き一覧
  • クレジットカード・口座作成
  • 住民税の納付書の受取
  • 運転免許証の更新
  • 確定申告
  • 公的書類の発行

必要な手続きがあれば、事前に済ませておくといいですね!

クレジットカード・口座開設

クレジットカード発行や口座開設手続きなど、銀行関連の手続きです。

なぜならば、郵便受取の際に本人確認が必要だからです。ネットで申込みができても、受け取れないので、リゾートバイト中には作成できません。

住民税の納付書受取

住民票の納付書も受け取りができません。

転送届先を実家にしておくことで、対策ができますよ!

運転免許証の更新

運転免許証の更新では、住民票の住所に必ず戻らなければなりません。

自分の更新がいつなのか、確認して被らないように計画をするといいですね。

アオハル
アオハル
免許の更新は、期限の前後1か月以内だよ

確定申告

確定申告の手続きも、住民票の住所でしかできません。

  • 年度途中でリゾートバイトに転職した人
  • 副業の収入が20万円を超える人

対象の人は、必ず住民票の住所に戻って、手続きをしなければなりません。自分が対象なのか確認すべきです。

公的サービス

リゾートバイト中は、公的サービスを受けることが難しいです。

  • 図書館の利用
  • 福祉サービス
  • 医療サービス

公的サービスは、その地域に住んでいる人のためのサービスなので、住民票を持たない人はサービスを受けることができません

リゾートバイトの住民票に関する3つの注意点

リゾートバイトでは、住民票の異動について、3つの注意点があります。

注意点まとめ
  • 1年以上、同じ職場でリゾバする人は住民票の異動が必要
  • 住民票の異動は14日以内
  • リゾバ先に住民票の異動する時は、必ず事前に確認

リゾートバイトを1年以上する人は住民票の異動が必要

リゾートバイトを1年以上、同じ職場でする予定の人は、住民票を派遣先に移動する必要があります。

シーサー君
シーサー君
リゾートバイトに行くときはもちろん、リゾートバイトが終わった後も大切だよ!

住民票は、住民税、国民健康保険、公的書類の発行、確定申告などの手続きを行う地域を決定します。

住民票が残っていると、納付書や請求書がリゾバ先に届いてしまい、トラブルのもとになります。

アオハル
アオハル
行きも帰りも、異動手続を忘れないように注意しようね

住民票は引越し後、14日以内に手続きしよう

住民票の異動は、14日以内にしなければ罰金対象になります。

住民基本台帳法の規定をまとめました。

第二十二条 転入をした者は、転入をした日から十四日以内に、市町村長に届け出なければならない。

第二十四条 転出をする者は、あらかじめ、その氏名、転出先及び転出の予定年月日を市町村長に届け出なければならない。

第五十二条
2 正当な理由がなくて第二十二条から第二十四条まで(中略)の規定による届出をしない者は、五万円以下の過料に処する

総務省「住民基本台帳法(昭和四十二年法律第八十一号)」

転出届はあらかじめ、転入届は14日以内に提出する必要があります。ネットや郵送で手続きができるので、引っ越し前に準備するといいですね。

就業先に住民票を移したい人は事前相談しよう

どうしても就業先に住民票を移したい人は、就業先に相談しましょう。

1年未満の場合は、住民票の異動ができません。なぜならば、リゾバ先にメリットがなく、反対に迷惑になる可能性があるからです。

求人によっては、住民票の異動を禁止条件にしていることもあるので、必ず確認して相談をすべきです。

リゾートバイトの住民票まとめ

リゾートバイトの住民票手続について、ポイントをまとめました。

住民票のポイント
  • リゾートバイトでは、住民票の異動は基本不要
  • 1年以上、同じ職場でリゾバする時は、住民票の異動が必要
  • 異動する時は、早めに手続きをすること

住民票の異動が必要なのは、リゾートバイトで生計を立てる人に多いでしょう。大学生であれば、住民票について心配しなくても大丈夫です

個人的に1番重要なことは「手続きをしっかりとサポートしてくれる派遣会社を選ぶこと」だと思っています。別の記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

必要な手続きは事前にやっておこう!

リゾートバイト中に、実家に帰ることは時間的、金銭的にデメリットが大きいです。

そのため、必要な手続きは事前に済ませるべきです。特に、クレジットカードは必ず作成することをおすすめします

準備をしっかりとして、リゾートバイトを思いっきり楽しみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です