よくある質問

リゾートバイトで外国人が多い場所と英語を使う職種を紹介!外国人スタッフが多い派遣会社3つ

リゾバで英語を活かせる場所と職種

せっかくリゾートバイトをするのなら、英語を上達させたいですよね。

ですが「リゾートバイト=英語が上達する」という訳ではありません。

リゾートバイトも多種多様です。

  • 訪日外国人が多いエリア
  • 外国人スタッフが多いリゾートバイト派遣会社

以上2点を満たして初めてリゾートバイトで英語を上達させることができます。

この記事では、リゾートバイトで英語を上達させたい人がリゾートバイトに登録する前に知っておくべきことを解説します。

>>リゾートバイト派遣会社のおすすめNo1はココ!

リゾートバイトで行ける外国人観光客が多い場所

リゾートバイトで英語を上達させるには、外国人観光客が多い場所に行くべきです。

仕事中に英語を使う機会が多くなるので、必然的に英語も身につきます。

特に外国人観光客が多い場所は以下の3箇所。

  • ニセコ
  • 白馬村
  • 東京

ニセコ(北海道)

ニセコは今外国人から最も注目を集めているスキー場で有名な地域北海道にあります。

1年間に約22万人が北海道にあるこのニセコを訪れます。(北海道ニセコ町公式サイトより)

数ある日本のスキー場のなかでニセコがここまで注目を集める理由はパウダースノーです。

ニセコのパウダースノーは世界のスキーヤーから「最高の雪」と評されるほど。

最高の雪を求めて世界各国からスキーヤーが集まります。

また、雪が降らないアジアの国からのスキー初心者も多いです。

単純な外国人観光客数だけで見ると他の都市部の観光地の方が多いですが、外国人比率では日本最大級の高さです。

https://twitter.com/SawaAzumi/status/1077129272979087361

また夏場のオフシーズンでも登山やサイクリング、SUP(スタンドアップパドルボート)と言ったアウトドアが有名ですので、1年を通して外国人観光客が訪れる場所ですよ。

白馬村(長野県)

白馬村(はくばむら)は長野にあるスキー場で有名な地域です。

ニセコに次いで、外国人スキーヤーから人気があります。

実は白馬村は、1998年(平成10年)に長野オリンピックの会場にもなった場所なんです。

白馬村公式サイトの観光統計によると年間約16万人の外国人観光客が白馬村を訪れています。

日本を訪れる外国人観光客で最も高い割合を占めているのは中国人です。

しかしニセコや白馬村などのスキー場に関しては、オーストラリア人の占める割合が極端に高くなっています。

オーストラリア人が多い理由は以下の3つ

  • オーストラリア人はスキーが好き
  • 日本とオーストラリアには時差が1時間しかない
  • オーストラリアは南半球なので、オフシーズンでスキーをするなら北半球に行く必要がある

オーストラリア人が多いので必然的にネイティブと英語を話す機会が増えます。

英語を上達させるには最高の環境でリゾートバイトができますよ。

https://twitter.com/SOiCHiRO_Hakuba/status/562452256084066304

東京

実は東京でもリゾートバイトをすることができるんです。

平成30年に東京都を訪れた外国人旅行者数は約1,424万人(東京都産業労働局平成30年訪都旅行者数等実態調査より)

日本最大です。

https://twitter.com/yutorisugi/status/1151672387596763136

東京でのリゾートバイトは2パターンあります。

  • 八丈島や伊豆大島、三宅島などの離島
  • 都市部

やはり離島でのリゾートバイトが人気ですね。

都市部でのリゾートバイトでは、都市部に住む事になるので便利がいいです。

ただし、普通のアルバイトとそこまで変わらないのでは?という意見もあります。

外国人と関わりが多いリゾートバイトの職種

外国人観光客と関わる機会が多いかどうかは、リゾートバイトの職種によります。

外国人観光客との関わりが多いリゾートバイトの職種は以下の通り。

  • フロント、ベル
  • レストランスタッフ
  • 仲居さん
  • レジャースタッフ

どれも案内が多い職種です。

案内が多い=外国人と会話する機会が多いということですよね。

フロント・ベル

リゾートバイトでは、フロントとベルの業務を一緒に行うことが多いです。

フロント業務では、チェックイン・チェックアウト、電話応対などの業務を行います。

ベル業務では、宿泊客を入り口までお出迎えしたり、設備の使い方を説明したりします。

ベル業務は決まった文言ですので誰でも英語で行うことができますが、フロント業務では臨機応変な英語力を身に付けることができます。

近くの観光地やおすすめレストランについて聞かれることもあるので、周囲の情報を英語で説明できるようになっておきたいですね。

レストランスタッフ

リゾートバイトでのレストランスタッフは、一般的な飲食店でのホールとは異なります。

ホテルやリゾート施設併設のレストランですので、ビュッフェや宴会場のような場所が多いです。

注文を取ることはほとんどありません。

ただし外国人は日本食の食べ方がわからない場合があります。

食べ方やこれはどんな食べ物なのかを聞かれることが多いです。

食に関して英語で説明する機会が多い職種ですね。

仲居さん

仲居はリゾートバイトをする女性の中でも人気が高い職種です。

宿泊客のお見送りをしたり、食事の配膳、寝床の準備をしたりします。

1日中着物を着て仕事をします。

慣れないうちは着物の着付けが大変だそうです。

外国人にとって着物は珍しいので、一緒に写真をとってと声をかけられることも多いですよ。

温泉旅館の場合が多いのですが、温泉に無料で入れるので温泉好きにはたまりません。

レジャースタッフ

レジャースタッフとは、スキー場やスキューバダイビングのスタッフのことです。

施設の説明や乗り物の説明、インストラクターのような役割を果たします。

スキー場の場合は休日は無料でスキーができるなど、場所によって様々な特典があるので、最も楽しめる職種です。

外国人観光客が多い地域で働くメリット

英語が身につく

当然ですが、外国人観光客が多い地域で働いた方が英語が身につきます。

「英語力に自信がない」という方もいるかと思います。

しかし英語を使わざるを得ない環境に身を置くことが、英語を上達させる最短ルートです。

外国人観光客が多い地域や外国人スタッフが多いリゾートバイト派遣会社で働くことで、ありとあらゆる場所で英語を話して、半ば強制的に英語に慣れることができます。

語学力を活かして高時給

外国人観光客が多い地域では、語学力がある人材が重宝されます。

接客などありとあらゆる場面で英語を話す機会があるので、語学力があった方が有利なのは当然ですよね。

ですので、留学経験・ワーホリ経験がある、語学力を活かせる仕事がしたいという方には、外国人観光客が多い地域でのリゾートバイトはおすすめです。

日本において、語学力のある人材は少ないです。

ですので一般的なアルバイトと比べてもリゾートバイトの方が高時給で働くことができますよ。

また、語学力がある人材でもそれを実際に仕事で使った経験がないという方が多いです。

リゾートバイトで語学力を活かした実務経験を積むことで、仮に就職する場合にも有利になります。

留学・ワーホリ仲間との出会い

外国人観光客が多い地域で働くと、海外に興味がある仲間が増えます。

リゾートバイトで働く仲間は、海外に興味がある人ばかりで、留学やワーホリの経験者もたくさんいます。

アドバイスや体験談などを聞くこともできますよ。

同じ夢や目標をもった仲間と一緒に過ごすのは、最高の思い出になること間違いなしです。

リゾートバイトで知り合った仲間は一生付き合っていくほど濃い仲間になりますよ。

外国人観光客が多い地域で働くデメリット

英語漬けでストレスフル

これまでとは180度環境が違う、英語漬けの生活を送ることで、ストレスがたまるかもしれません。

仕事や時期によっては、1日のほとんどを英語で過ごすということもあります。

「もう英語は話したくない」と嫌になってしまうことも。

しかしそういう気持ちになるのは長くても最初の数週間だけです。

人間とは環境に順応する生き物なので、次第に慣れてきてそれが当たり前と思えるようになってきますよ。

そうなればあとは自分の英語力の成長を楽しむだけです。

どうしても不安、辛いという時もリゾートバイトの仲間や先輩が相談に乗ってくれますよ。

リゾートバイトのスタッフは境遇が似ているので、仲間意識が生まれやすいです。

働き方・マナーなど文化の違いにイライラ

リゾートバイトは寮生活の場合がほとんどです。

ですのでプライバシーの無さにイライラすることがあるかもしれません。

いくら仲が良くても毎日同じ空間ですと、ストレスがたまりますよね。

そういう場合には一人の時間を作るようにしましょう。

休日に一人で外出したり、仕事後に一人の時間を作るなどです。

定期的に一人の時間を作ることでそういったストレスからは解放されます。

また外国人とのマナーや文化の違いにイライラすることもあります。

例えば、パーソナルスペースが近い、声が大きいなど日本と外国ではマナーや文化が異なります。

ですが文化が違うのは仕方がありません。

これから留学やワーホリを希望していたり、海外で働きたいと考えているのであればいずれは通る道です。

国内で体験しておくに越したことはありません。

外国人スタッフが多いリゾートバイトの派遣会社

リゾートバイトでは、派遣会社によって外国人スタッフの採用数が違います。

外国人スタッフが多い派遣会社で働いた方が英語を話す機会は増え、英語も上達しますよ。

そこで、外国人スタッフが多い派遣会社を3社を紹介します。

グッドマンサービス

グッドマンサービスは業界時給No. 1のリゾートバイト派遣会社です。

最近では外国人の採用にも力を入れており、外国人専門の求人サイトもあります。(NIPPON仕事.com)

アルファリゾート

アルファリゾートに登録すれば、オンライン英会話を無料で受講することができます。

ですので英語に自信がない方におすすめのリゾートバイトの派遣会社です。

また海外でも登録者説明会を行っていますし、海外向けのCMも作っており、外国人スタッフの獲得に力を入れています。

ヒューマニック

ヒューマニックは派遣登録スタッフ数がリゾートバイト業界でNo. 1の約25万人です。

もちろんその中には外国人スタッフも含まれています。

また、2019年7月17日に外国人専用の求人サイト「Job Collection Japan」を開設して外国人スタッフの獲得にも力を入れています。

まとめ

リゾートバイトをすれば英語が上達するとは限りません。

英語を上達させるためには、

  • 訪日外国人が多いエリア
  • 外国人スタッフが多いリゾートバイト派遣会社

上記の2つを意識してリゾートバイトを選ばなければなりません。

この記事で解説したリゾートバイト先、職種、派遣会社ですと英語が上達することは間違いなしです。

この記事を読んでくれた方がいいリゾートサイト先に出会えることを期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です