体験談

【リゾートバイト体験談】広島離島の海水浴場で売店スタッフとして働いた話

住み込みのリゾートバイトを探そうと思うと、職種や滞在する場所など、選択肢が多くて悩んでしまいますよね。

アオハル
アオハル
毎回たくさんの求人に目を通すから、楽しいけどちょっと大変ですよね。

今回の記事では、広島のとある島でリゾートバイトした時について、まとめていきます。

派遣会社は、大手リゾバ派遣会社のヒューマニックを利用しました。

これからリゾバする人やヒューマニックに興味がある人は、参考になると思います。よかったら読んでみてくださいね!

【2020年版】リゾートバイトの派遣会社おすすめランキングはこちらから

リゾートバイト派遣会社「ヒューマニック」はほぼ問題ないものの、事前情報との食い違いがあった

今回利用した派遣会社はヒューマニックでした。

リゾートバイト業界大手ですね、聞いたことがある方も多いと思います。

僕は今回、ヒューマニックと並行して他のリゾバ派遣会社も使っていたので、意図的に狙ってヒューマニックを選んだわけではありません。

ちなみに、並行して使っていた派遣会社3社はこちらになります。

ランキング
詳細情報
会社名 コメント リンク
リゾートバイト.comresortbaito 1位 4.82
\月20万貯金したい人/
高時給&求人数のバランス◎
僕が1番使っている派遣会社
公式
αリゾートalpha 2位 4.63
\女性&稼ぎたい人向け/
温泉地&仲居さんの求人No1
公式
リゾバ.comrizoba 3位 4.55
\お金より思い出作り派/
求人数が豊富No1(時給は低い)
公式
会社名 特徴 リンク
リゾートバイト.comresortbaito 全職種、他の派遣会社よりも時給+100円高い。場所も選んで、月20万円を貯金したいなら登録必須。 公式
αリゾートalpha 【女性歓迎】仲居さんは時給1200円保証!稼げる&着物で仕事するため、所作や礼儀作法も学べる。 公式
リゾバ.comrizoba 求人数最多で、欲張った条件でも見つかる。ただし時給が上位2社よりも-100円低くて稼ぎにくい。 公式
アオハル
アオハル
リゾバ派遣会社を複数社掛け持ちしてリゾバ先を探すと、やっぱり効率がいいですね。

ヒューマニックを選んだ理由は、当時興味があった、「夏の期間のアクティビティ関連担当」というポジションを案内していたのがヒューマニックだけだったからです。

担当者の方は特別親切でもなければ、特別失礼というワケもない、そんな方でした。

  • 求人に募集
  • 選考に通ったと連絡をもらう
  • 行き方の提案(高速バスor新幹線)もらう
  • 現地に移動

ここまでの、リゾートバイトの赴任までの流れにおいて問題はありませんでした。

ただ、いざリゾバ先に着いてみると、事前情報と違う点が発覚しました。

  • レストランのビュッフェでの余りがまかないとして食べれる→誤情報だった
  • 派遣会社に指定された服装→現地では不必要だった
  • 残業について→事前情報よりも多かった

事前に聞いていたことと違うことが次々と出てくるので、少し不満に感じました。

このことはずっと引っかかっていたので、最終出勤日に派遣会社の担当者にメールで「情報を正確にしてほしい」という旨を伝えました。

その後またご縁があり、次の年に同じ場所で、今度は直接雇用でリゾバをしました。

その時にヒューマニック経由でリゾバしにきた人と話をしたのですが、なんと3点の相違点は全く改善されておらず、僕が伝えられたままの情報でした。

担当箇所が多くて大変なのはわかりますが、改善すらしてくれてないのは残念でした。

アオハル
アオハル
なーんだ、ヒューマニックはせっかく教えても対応してくれない会社だったんだ、って思っちゃいましたね。

広島を選んだのは、リゾートバイト中に英語力を活かしたかったから

僕は、日本で英語を使える環境で働くことを、リゾバする上での目的の1つとして掲げています。

広島は観光地化も著しく、外国人観光客が増えてきている場所としても有名です。

それは僕が働いていた島でも例外ではありませんでした。

多くの海外からのお客さんも来たので、ワーホリで培った英語を使うにはいい環境でした!

海水浴場での仕事はやりがいがあって、残業で稼いだ

ここからは、僕がリゾバ先で体験した仕事について紹介していきます。

配属先は、島内にある海水浴場内の売店の販売員でした。

基本業務は連携プレーで楽しんだ

売店の販売員の基本業務はこんな感じでした。

  • 簡単な軽食の販売
  • 浮き輪やビーチパラソルなどのレンタル受付
  • コインシャワーの見回り
  • トイレの清掃

売店にはリゾバの人が2人で入ります。社員の方などに様子を見られながら仕事をするわけではないので、僕はかなり気に入りました。

やることをやっていれば心配もされず、次第に見回りにくる数も減っていきました。

だからこそ真面目にやって、自分のやりやすい環境を作っていきました。

忙しくなると、2人でも手が回らなくなることもありました。

でも、そんな中で連携を取っていくのはやりがいもあってとても楽しかったです。

アオハル
アオハル
今思えば、結構レアなリゾバ先でした。あんまり求人が出てるのを見かけないです。

残業は毎日!稼ぐにはピッタリの環境

基本業務を1日約8時間こなした後は、残業時間に突入します。

  • お客さんの宿泊している部屋へ行っての布団敷き(1時間~1時間半)
  • 調理場での皿洗い(1時間半~2時間)

これらの業務のどちらかがほぼ毎日ありました。場合によっては両方やることもありました。

基本業務に残業を合わせると、1日に10時間近く働いていた感じでしたね。

稼ぐことにフォーカスしている人にとっては良い環境です。

リゾートバイトで稼いだ給料はほぼ貯金へ回し、5週間で20万円達成!

今回のリゾートバイト先の時給は1,000円でした。

実は、僕が初めてリゾバ先に行った年は西日本豪雨があったため、例年よりも観光客が少なかったです。

そのため出勤日は少なめ、勤務時間も短めという日も何日かありました。

それでも夏の間の約5週間で、20万円を貯金することができました。

ここまで貯金できたのは、家賃無料・食費無料のために生きていくコストは完全に0円という環境だったからです。

それに、島の中には小さい売店しかありませんでした。

島外に出ないと買い物できなかったため、無駄遣いする機会が少なかったのも、お金を貯められた大きな要因の1つでした。

アオハル
アオハル
とにかくお金を使う機会が少ない環境でした!

休日はひたすら海で泳いでリフレッシュ

休日の過ごし方は、島という特殊な環境だったこともあり、人によってかなり違いました。

というのも、本土を往来するフェリーの時間は限られており、休日に島外に出ても遊べる時間が限られてしまうからです。

それでも島外に出て、尾道や広島まで出かけている人もいましたよ!

私はというと、「島生活=海=泳ぐ!」と心に決めて離島リゾバを選んだので、観光には行かず、ひたすら海で泳いでました。

アオハル
アオハル
勤務場所が海水浴場だったので、結局は毎日同じ場所に通ってたってことですね…。

たまに本土に行って、フェリー港の近くのスーパーでお菓子などを買ったりしていましたが、観光はしませんでしたね。

もしかすると、人によっては「離島」という閉鎖環境を息苦しく感じるかもしれません。

とはいえたった1〜2ヶ月だけの島生活です。短いスパンだからこそ、気軽に楽しめるというのはリゾバの大きなメリットですよね。

アオハル
アオハル
興味があるなら絶対にやった方が良いです!

リゾートバイト先の寮は広い部屋を1人で使えて満足!ホテルの温泉も入れて良かった

基本的にリゾバの寮のほとんどは、建物で男女を分けています。今回も例外なくそのパターンでした。

男性寮は昔合宿用の宿舎として使われていたらしく、たたみ10畳ほどの部屋でした。昔複数人で利用していたと思われます。

そんな大部屋を1人部屋として使えていたので、かなり広々と使えました。

アオハル
アオハル
なんなら少し余分だと感じるくらい広かったですね。

建物自体は古かったですが、汚いと思ったことはなかったです。トイレとシャワーは共有スペースにありました。

今回の部屋でかなり驚いたのが、部屋に洗面台が付いているということでした。

僕の知りうる限りではかなり珍しかったです。朝の準備や寝る前に共有スペースに行かなくていいのは助かりました。

ちなみにここのリゾバでは、ホテルに付いている温泉に入ってOKでした。

日中流した汗を気持ちよく流しながら疲れを取れたので、短期アルバイトの方にはとても嬉しい特典だといえますね。

季節性の高いリゾートバイトこそ、人間関係がやりやすく初心者にオススメ

リゾバに行く先々でよく聞く不満に、現地での人間関係でのトラブルがあります。

  • 入った時期などでマウントを取ってくる人がいる
  • 既に完成しているグループがあって輪に入りづらい
  • 現場の社員が契約期間を伸ばそうとしつこく言ってくる

こういった話はよく聞きましたね。

でも私は気付きました。シーズン性の高いリゾバだと人間関係の心配はありません

というのも、季節が始まれば仕事が始まり、次の季節に入る頃には仕事が終わるからです。

入る時期も大体一緒で、終わりもほとんど同じなので、後から人間関係の輪の中に入る必要はありません

しかも、みんな同じようなことに興味を持った人たちが集まります。

  • 夏の仕事→海で泳ぐ・アウトドア
  • 冬の仕事→スキー・スノボ

こんな感じで共通点が多いので、自然と親近感が生まれて仲良くなりやすいですよ。

なのでリゾバ初心者の方には、季節性の高い仕事をオススメしたいです。

自分のやりたいことを軸にしてリゾートバイトを探せば、いい経験ができる!

今回、僕はリゾバ先を選ぶにあたり、3つのやりたいことを軸として決めていました

  • 英語ベースでの仕事がしたい
  • とにかく島に住んでみたい
  • 夏を楽しく過ごしたい

この3本柱が根底にあったため、実際に満足のいくリゾバ生活を送れました。

リゾバ先探しは候補が多くてたくさん悩むと思いますが、自分のやりたいことをハッキリさせておけば大丈夫です!

アオハル
アオハル
自分の希望が叶うリゾバ先が見つかりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA